Research


1 細胞増殖因子について
2 EGFファミリーの増殖因子と膜結合型増殖因子
3 HB-EGFについて
4 発生過程や成体におけるHB-EGFの役割
5 膜型から分泌型への転換の重要性
6 膜型から分泌型への転換機構
7 HB-EGFとがん
8 膜型HB-EGFと複合体を形成する分子群の解析
9 CD9およびテトラスパニンファミリー分子の解析
10 線虫を用いたテトラスパニンの遺伝学的解析
11 ジフテリア毒素とジフテリア毒素レセプター
12 HB-EGFを分子標的とした抗癌剤の開発GrowthFactor.htmlEGFfamily.htmlEGFfamily.htmlHB-EGF.htmlHB-EGFinvivo.htmlHB-EGFinvivo.htmlEctodomainShedding.htmlEctodomainShedding.htmlHB-EGFandCancer.htmlHB-EGFcomplex.htmlHB-EGFcomplex.htmlTetraspanins.htmlTetraspanins.htmlC.elegansTSP-15.htmlC.elegansTSP-15.htmlDiphtheriaToxin.htmlDiphtheriaToxin.htmlCRM197.htmlCRM197.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1shapeimage_3_link_2shapeimage_3_link_3shapeimage_3_link_4shapeimage_3_link_5shapeimage_3_link_6shapeimage_3_link_7shapeimage_3_link_8shapeimage_3_link_9shapeimage_3_link_10shapeimage_3_link_11shapeimage_3_link_12shapeimage_3_link_13shapeimage_3_link_14shapeimage_3_link_15shapeimage_3_link_16shapeimage_3_link_17shapeimage_3_link_18shapeimage_3_link_19shapeimage_3_link_20
  1. 箇条書き項目 5. 膜型から分泌型への転換の重要性 (こちらにも詳しい解説があります)


 HB-EGFを含むEGFファミリーの増殖因子は、膜に結合した前駆体として合成された後、プロテアーゼによって切断されて分泌型の増殖因子になることをすでに説明しました。このように膜タンパク質が細胞表面でプロテアーゼによる切断を受け、細胞外ドメインが培地中に放出される現象をEctodomain Shedding と呼んでいます。Ectodomain SheddingはEGFファミリーなどの膜結合型増殖因子だけでなく、増殖因子リセプター、あるいはその他の膜タンパク質でも知られています。Ectodomain Shedding の生物学的意味は、これまであまり明らかではありませんでしたが、最近では細胞間コミュニケーションに関わる調節機構の一つであると認識されています。

 

 私たちはHB-EGFの機能発現におけるEctodomain Sheddingの重要性を明らかにするためにHB-EGF遺伝子に改変を加えて、分泌型しか生産できないノックインマウス(ΔTM)や、分泌型がほとんど出来ないノックインマウス(UC)を作成し、その異常を調べました。その結果、分泌型が出来ないノックインマウスは、HB-EGFノックアウトマウスとほぼ同様の異常を示すことがわかり、多くの組織においてHB-EGFのEctodomain Shedding は必須であることが明らかとなりました。また、ΔTMでは、異常な細胞の過形成等が起こり、この遺伝子を発現するキメラマウスあるいはヘテロマウスはほとんどが胎生致死になることがわかりました。このことは、HB-EGFの機能発現にとってEctodomain Sheddingは必須ですが、膜型から分泌型への転換は厳密に調節されている必要があることを示しています(EM)。



(関連文献)

Yamazaki, S., Iwamoto, R., Saeki, K., Asakura, M., Takashima, S., Yamazaki, A., Kimura, R., Mizushima, H., Moribe, H., Higashiyama, S., Endoh, M., Kaneda, Y., Takagi, S., Itami, S., Takeda, N., Yamada, G., and Mekada, E. (2003).

Mice with defects in HB-EGF ectodomain shedding show severe developmental abnormalities.

J. Cell Biol.163, 469-475.


〜研究内容の紹介・5〜