Research


1 細胞増殖因子について
2 EGFファミリーの増殖因子と膜結合型増殖因子
3 HB-EGFについて
4 発生過程や成体におけるHB-EGFの役割
5 膜型から分泌型への転換の重要性
6 膜型から分泌型への転換機構
7 HB-EGFとがん
8 膜型HB-EGFと複合体を形成する分子群の解析
9 CD9およびテトラスパニンファミリー分子の解析
10 線虫を用いたテトラスパニンの遺伝学的解析
11 ジフテリア毒素とジフテリア毒素レセプター
12 HB-EGFを分子標的とした抗癌剤の開発GrowthFactor.htmlEGFfamily.htmlEGFfamily.htmlHB-EGF.htmlHB-EGFinvivo.htmlHB-EGFinvivo.htmlSheddinginvivo.htmlSheddinginvivo.htmlEctodomainShedding.htmlEctodomainShedding.htmlHB-EGFandCancer.htmlTetraspanins.htmlTetraspanins.htmlC.elegansTSP-15.htmlC.elegansTSP-15.htmlDiphtheriaToxin.htmlDiphtheriaToxin.htmlCRM197.htmlCRM197.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1shapeimage_3_link_2shapeimage_3_link_3shapeimage_3_link_4shapeimage_3_link_5shapeimage_3_link_6shapeimage_3_link_7shapeimage_3_link_8shapeimage_3_link_9shapeimage_3_link_10shapeimage_3_link_11shapeimage_3_link_12shapeimage_3_link_13shapeimage_3_link_14shapeimage_3_link_15shapeimage_3_link_16shapeimage_3_link_17shapeimage_3_link_18shapeimage_3_link_19shapeimage_3_link_20
  1. 箇条書き項目 8. 膜型HB-EGFと複合体を形成する分子群の解析


  膜結合型HB-EGFは細胞表面で単独で存在するのではなく、種々の膜タンパク質と複合体を形成しています(図7)。


<図7 proHB-EGF と複合体を形成する分子群>


 HB-EGFとアソシエートする分子として最初に見つけたのが、膜4回貫通型タンパク質CD9です。

 CD9はHB-EGFに結合することで、 HB-EGFの作用を増強することが解っています。ヘパラン硫酸プロテオグリカン (HSPG) も HB-EGF のヘパリン結合部位に結合して、膜結合型 HB-EGF の作用を増強したり抑制したりしているものと思われます。実際、膜結合型 HB-EGF のジフテリア毒素結合活性はヘパラン硫酸プロテオグリカンの存在によって増強されます。インテグリンα3β1も HB-EGF・CD9 複合体にアソシエートすることが解っています。 これらの複合体は、細胞間の接着部位に局在化しており、複合体として細胞間のコミュニケーションに働いていることを示唆しますが、個々の分子が複合体の中でどのような役割を果たしているのか、今後の問題です。 (EM)


(関連文献)

Nakamura, K., Mitamura, T., Takahashi, T., Kobayashi, T., and Mekada, E. (2000).

Importance of the Major Extracellular Domain of CD9 and the EGF-like Domain of HB-EGF for Upregulation of Binding and Activity.

J. Biol. Chem. 275, 18284-18290.


Nakamura,K., Iwamoto,R. and Mekada,E. (1995)

Membrane anchored heparin-binding EGF-like growth factor and DRAP27/CD9 form a complex with integrin alpha3beta1 at cell-cell contact sites.

  1. J.Cell Biol. 129, 1691-1705.



 
〜研究内容の紹介・8〜