1 細胞増殖因子について
2 EGFファミリーの増殖因子と膜結合型増殖因子
3 HB-EGFについて
4 発生過程や成体におけるHB-EGFの役割
5 膜型から分泌型への転換の重要性
6 膜型から分泌型への転換機構
7 HB-EGFとがん
8 膜型HB-EGFと複合体を形成する分子群の解析
9 CD9およびテトラスパニンファミリー分子の解析
10 線虫を用いたテトラスパニンの遺伝学的解析
11 ジフテリア毒素とジフテリア毒素レセプター
12 HB-EGFを分子標的とした抗癌剤の開発EGFfamily.htmlEGFfamily.htmlHB-EGF.htmlHB-EGFinvivo.htmlHB-EGFinvivo.htmlSheddinginvivo.htmlSheddinginvivo.htmlEctodomainShedding.htmlEctodomainShedding.htmlHB-EGFandCancer.htmlHB-EGFcomplex.htmlHB-EGFcomplex.htmlTetraspanins.htmlTetraspanins.htmlC.elegansTSP-15.htmlC.elegansTSP-15.htmlDiphtheriaToxin.htmlDiphtheriaToxin.htmlCRM197.htmlCRM197.htmlshapeimage_2_link_0shapeimage_2_link_1shapeimage_2_link_2shapeimage_2_link_3shapeimage_2_link_4shapeimage_2_link_5shapeimage_2_link_6shapeimage_2_link_7shapeimage_2_link_8shapeimage_2_link_9shapeimage_2_link_10shapeimage_2_link_11shapeimage_2_link_12shapeimage_2_link_13shapeimage_2_link_14shapeimage_2_link_15shapeimage_2_link_16shapeimage_2_link_17shapeimage_2_link_18shapeimage_2_link_19shapeimage_2_link_20
Research
  1. 箇条書き項目 1. 細胞増殖因子について

 多細胞生物にとって、細胞間のコミュニケーションはその身体を維持する何よりも大切な機構です。そのような細胞間コミュニケーションに重要な働きをしているのが細胞増殖因子です。私たちの身体では様々な種類の細胞増殖因子が合成されていて、これらが細胞の増殖、分化、運動の調節や機能維持に働いています。増殖因子というと、名前から細胞の増殖をもっぱら促進するばかりであると思われがちですが、必ずしもそうではなく、細胞がアポトーシスによって死ぬことを抑制する働きや、時には細胞増殖を抑制することもあり、その作用は多様です。ある増殖因子は、発生過程の特定の時期に特定の細胞でだけ発現され、細胞の分化を促したり、組織の形態形成に働いたりしています。また別の増殖因子は、通常はほとんど合成されていないが、組織が傷ついたときや炎症によって誘導されて、傷の修復に使われたりしています。

 増殖因子には、それぞれの増殖因子に特異的に結合する受容体が存在します。細胞によって合成・分泌された増殖因子は、増殖因子受容体を発現する細胞(標的細胞)に結合することで、増殖因子のシグナルを標的細胞に伝達します。増殖因子が結合した受容体から標的細胞内にどのようにシグナルが伝達されるかは、受容体の種類によって異なっていますが、基本的には受容体自身あるいは受容体にアソシエートした分子が持つキナーゼ活性による蛋白質のリン酸化反応が引き金となって、細胞内シグナル分子による分子間相互作用が連鎖的に起こり、細胞内にシグナルを伝達します(EM)。

〜研究内容の紹介・1〜