Research


1 細胞増殖因子について
2 EGFファミリーの増殖因子と膜結合型増殖因子
3 HB-EGFについて
4 発生過程や成体におけるHB-EGFの役割
5 膜型から分泌型への転換の重要性
6 膜型から分泌型への転換機構
7 HB-EGFとがん
8 膜型HB-EGFと複合体を形成する分子群の解析
9 CD9およびテトラスパニンファミリー分子の解析
10 線虫を用いたテトラスパニンの遺伝学的解析
11 ジフテリア毒素とジフテリア毒素レセプター
12 HB-EGFを分子標的とした抗癌剤の開発GrowthFactor.htmlHB-EGF.htmlHB-EGFinvivo.htmlHB-EGFinvivo.htmlSheddinginvivo.htmlSheddinginvivo.htmlEctodomainShedding.htmlEctodomainShedding.htmlHB-EGFandCancer.htmlHB-EGFcomplex.htmlHB-EGFcomplex.htmlTetraspanins.htmlTetraspanins.htmlC.elegansTSP-15.htmlC.elegansTSP-15.htmlDiphtheriaToxin.htmlDiphtheriaToxin.htmlCRM197.htmlCRM197.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1shapeimage_3_link_2shapeimage_3_link_3shapeimage_3_link_4shapeimage_3_link_5shapeimage_3_link_6shapeimage_3_link_7shapeimage_3_link_8shapeimage_3_link_9shapeimage_3_link_10shapeimage_3_link_11shapeimage_3_link_12shapeimage_3_link_13shapeimage_3_link_14shapeimage_3_link_15shapeimage_3_link_16shapeimage_3_link_17shapeimage_3_link_18shapeimage_3_link_19shapeimage_3_link_20
  1. 箇条書き項目 2. EGFファミリーの増殖因子と膜結合型細胞増殖因子


 EGFファミリーの増殖因子(図1)はEGF受容体に結合して細胞を活性化します。一方、EGF受容体にもErbB2, ErbB3, ErbB4と呼ばれるファミリー分子が存在します。neuregulinはEGF受容体には結合しませんが、ErbB3, ErbB4に結合してこれらを活性化します。広義の意味でEGFファミリーというときには、neuregulin等Erbファミリーに結合する増殖因子も含めています。

 EGFファミリー増殖因子の大きな特徴は、これらの分子は最初から分泌型の増殖因子として合成されるのではなく、膜に結合した前駆体として合成され、細胞表面でプロテアーゼによって切断されて、分泌型の増殖因子になることです。EGFファミリーにとって、このことはその作用を発揮する上で大きな意味を持っています。これについてはHB-EGFの説明のところで詳述します。


<図1 EGFリガンドとEGF受容体>                                

                                 <図2 代表的な膜結合増殖因子>

 EGFファミリー以外にも膜結合型として合成される増殖因子があります。図2に膜結合型因子の代表例を示しています。EGF ファミリー以外では、TNF-alpha(tumor necrosis factor)、c-kit ligand(Sl 因子、 stem cell factor)、CSF-1、IL-1、Ephrin-B 等が膜結合型として合成されることが知られています。

 これらの分子の中には、膜結合型でないと正常な機能を示さないような因子もあります。例えば、c-kit ligandでは、分泌型は合成できるが膜結合型を合成できない変異マウスは正常な発生を行うことが出来ないことが知られています。また、Ephrin- B の場合も、分泌型に変異させるとその活性が失われることが報告されています。しかし、反対に、ショウジョウバエの Spitz(ヒトTGF-alphaのホモローグ)では、膜型は不活性で分泌型が活性型であると考えられていて、この場合には膜型から分泌型への転換調節が重要な意味を持ってきます。さらに TNF-alpha では、膜結合型と分泌型では異なった受容体に結合するという報告もあり、その作用様式は多様です(EM)。

 
〜研究内容の紹介・2〜